ikep2.exblog.jp
トップ





まぁぼちぼちやっていきますよ・・・
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
以前の記事
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
more...
カテゴリ
Formula1
FormulaNippon
海外のモータスポーツ
国内のモータースポーツ
---------------
音楽
---------------
そのほか
フォロー中のブログ
Masatoshi びゅ...
婦女子のたしなみ
Untitled-Blog
みかりん館♪
ジュンスイバイヨウ
これ使ってみたい!
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
エキサイト以外のブログ
東京で喘息の医療費が助成され無料に
東京在住の人に対し喘息治療の医療費に補助がでる制度が2008年より施行されました。
ぜんそく治療無料に
気管支ぜん息医療費助成の事前申請受付を開始|東京都

私も幼少より喘息を患ってますが、喘息とはいろんな側面のある病気です。漢方では「喘息は甘えの病気」と考えられていると言います。そういう側面もあると思います。生活習慣やメンタルに非常に深く関わる病気だと感じます。最近は「発作が起きたら薬で抑える」治療方法から「発作が起きないよう体調をコントロールする」治療方法へと治療方針のトレンドが変化しています。私もその方針で治療を受けるようになって最初は感動しましたが、実際は以前発作が起きたときに飲んだ薬を常時飲むことになったので「本当にこれでいいのか?」と疑問を感じることもありました(それ程酷い状態だったということですが)。きつい薬を使うというのは可能であれば避けたいものです。
 
しかし、だからといって生活習慣やメンタル面だけで喘息に対処できると考えるのは飛躍しすぎです。仕事によるストレスもあるでしょう。私も仕事柄帰りが遅く、日付をまたいで帰ることが多いのですが、0時を過ぎると疲れからか気管の収縮を感じることがよくあります。これを防ぐには仕事を辞めるしかないわけです。メンタル面も、常に HAPPY! であることは不可能です。ショックを受けることもあれば打ちのめされることもあるわけで、一朝一夕にそれらに打ち勝つ強い精神を養うことはできないわけです。喘息に対しては精神論に終始することなく、適切な治療を受けることも重要だと思います。
 
とはいえ、治療費もバカになりません。先日診察料と薬代で1万円を越えたのは予定外の出費で結構痛かったです。メンタルに響きました(笑)。これが無料になるのは生活への大変な助けになります。ということで早速手続きに入りました。
 
まず区役所などで申請書類をもらいます。あと住民表も必要ですが、窓口で気管支ぜん息医療助成の申請に使うと言えば手数料が無料になります(たかだか数百円ですが)。次に主治医に診療報告書を書いて貰います。レントゲン写真とアレルギー検査などを行います。あとは保険証のコピー(私の場合はカード型なので裏表両方)を添えて提出するという流れになります。
大田区ホームページ:気管支ぜん息医療助成
書類の中にアンケート用紙があるのですが、喫煙習慣の欄が
・全く吸ったことがない
・以前吸っていたが止めた(喫煙期間いつからいつまで)
の二択になっています。そうです。喫煙する人はこの助成をうけられないのです。吸う人は禁煙しましょう。嘘をついて申請してもレントゲンでばれますよ~(嘘)。
 
ちなみに以前使ってた薬でちょっと面白いのがありました。
a0032349_3135023.jpgなんか普通より効きそうな気もしないでもないような。
ちなみに今使ってる薬はこれとは違い、アドエアという薬ですが同じ容器です。アンモナイトみたいな形で薬とは思えない奇妙な見た目です。使う度にカウンターの数が減って、あと何回使えるかが一目で分かるのは便利です。でも使い切ったら容器ごと捨てるのであんまり環境に優しくない感じです(笑)。
http://images.google.co.jp/images?um=1&hl=ja&lr=&q=%E3%82%A2%E3%83%89%E3%82%A8%E3%82%A2
この薬はフルタイドとセレベントという2つの薬剤を組み合わせた「合剤」といわれるものだそうです(ぜんそく大事点・ぜんそくクイズ: 新しい喘息治療薬「アドエア」)。かなり優れた薬のようで、主治医からも「高いけどそれにみあうかなりいい薬だから」と勧められました。感想としては、ホントに高いです><。なので補助がでると助かりますねー。
[PR]
by ikep2 | 2008-12-26 00:22 | そのほか
↑このページの先頭に戻る

<< 年越しサイトリニューアル 下手の考え休むに似たり
の過去の記事はこちら
意外と繊細 : IE用バージョ... >>
Thanks for your access.